面白いドラマ・映画

MIU404【第3話】のネタバレや感想まとめ!イタズラ通報の犯人を追う

TBSテレビ系ドラマ「MIU404」は刑事ドラマです。

本作は、初動捜査のプロ「機動捜査隊」を舞台に、タイリミットの24時間以内に事件を解決に導いていく1話完結型になっています。

伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)の異色のバディが事件を解決するために奮闘します。

前回、殺人事件の容疑者が逃走してしまいましたが、2人は逮捕に成功します。

ということで、この記事ではMIU404【第3話】のネタバレや感想を紹介していきます。

MIU404【第3話】のネタバレを紹介!

それでは、さっそく第3話のネタバレを紹介します。

イタズラ通報が頻発

警視庁に1人の女性から通報が入り、公衆電話から助けを求めました。

男性に襲われている様子で、陣馬耕平と九重世人が現場に到着するが逃げられてしまいます。

パトロールから戻ってきた伊吹藍と志摩一未は引継ぎのために警察署に来ていました。

すると2人の前に桔梗ゆづるが現れて、誰かと電話をしていました。

エレベーター前で2人の存在に気付きますが、微妙な空気が流れます。

伊吹は桔梗の電話の相手が気になり、恋人ではないかと推測するのです。

分駐所に九重と陣馬が戻ってきて、イタズラ通報の件を伊吹と志摩に話します。

 

西武蔵野管内では、複数のイタズラ通報が発生いました。

刑事の毛利と向島から、陣馬と九重は詳しい事を聞きます。

ネット上のゲームを現実で実践しているようで、現場に向かった警察官は全て逃げられていました。

伊吹が犯人を追う

この日、パトロールする伊吹と志摩は西武蔵野管内を回っていました。

伊吹が通報を期待していると通報が入り、無線を聞いた2人は現場に向かいます。

現場に着いた2人は大声を出して、犯人を威嚇しました。

周囲には仲間が何人もいる状態で、2人の前に空き缶が落ちてきます。

すると犯人が登場して、「待て、警察だ」と叫んで伊吹が追いかけました。

足に自信がある伊吹でも、なかなか追い付く事が出来なかったのです。

犯人を捕まえられず、落ち込む伊吹の前に志摩が現れて色々と指摘されます。

分駐所に帰った伊吹は、九重と陣馬に詳しい事を話しました。

陣馬がご飯を作って、4人が食べ始めると志摩は先程の現場の状況を口にします。

犯人は4人で自販機の前でいる姿がカメラに映っているようでした。

志摩と九重が片付けをしていると伊吹の話題になります。

伊吹には、自分らにないものを持っていると志摩は評価していました。

 

犯人はバシリカ高等学校の学生で、先日の出来事を仲間内で話していました。

1人の学生は陸上部の部室の前で、涙を出しながらシューズを履きます。

その高校に毛利と向島が向かい、防犯カメラに映っていた写真を校長に見せるのです。

しかし、校長はこの生徒ではないと拒否をしました。

更に陸上部がない事実が明らかになります。

第4機動捜査隊が担当

桔梗は我孫子豆治らご飯を食べていました。

イタズラ通報の件が話題になり、我孫子の提案で第4機動捜査隊が担当する事になります。メンバーは入手した資料を目に通していき、情報共有をしました。

バシリカ高等学校は去年まで陸上部が存在していました。

詳しい話を聞こうとしても校長の説明もあやふやだったのです。

第4機動捜査達は聞き込みを調査して、ある学生からドラッグの噂を聞きます。

ドーナツEPという中毒性が強いドラッグを使用している人物がいると噂になって、陸上部のメンバーが関わっていると推測します。

その頃、学校ではある書類がシュレッダーにかけられて、元陸上部のメンバーが呼び出されていました。

元陸上部の先輩達が関与していたようで、連帯責任で陸上部は廃部になっていたのです。

分駐所では作戦会議が続けてられて、九重は厳しい言葉を口にします。

一方、桔梗は冷静な判断をしていて、将来の安全を考えていました。

伊吹は桔梗の言葉が胸に響いて、好意がある言葉を口にして志摩が手錠をかけます。

再び事件が起きると推測する伊吹に志摩が理由を尋ねました。

 

バシリカ高等学校の生徒達は集まって、円陣を組んで何かをしようと考えます。

夜になって、第4機動捜査隊がパトロールを行います。

九重が犯人の行動を批判すると、陣馬が正しい方向に戻すように口にしました。

一方、伊吹と志摩は会話をしながら隊長の話題になります。

そこに無線が入り、伊吹が最初に通報現場に到着しました。

犯人に自首を提案しますが、犯人の1人が現れて走り出すのです。

その人物を伊吹が追いかけていきます。

犯人を追い詰めていく

伊吹は「公衆電話から南方向」と走り出して、連絡を受けた陣馬と九重は指示通りに動きます。

懸命に追いかけて、九重が1人の生徒を捕まえました。

志摩は自転車に乗って犯人の仲間を追い、伊吹も別の生徒を追います。

その頃、1人でいたマネジャーが知らない男性に襲われてしまいました。

陣馬から現場に各人に連絡が入り、公衆電話に集まるように指示をします。

伊吹は1人の学生を追い詰めて、「逃げるか来るか、今決めろ」と問いました。

九重は1人の学生を追いますが、逃げられてしまいます。

 

公衆電話に集まり、学生達は自供をしました。

首謀者の1人が泣きながら、マネジャーを助けて欲しいと頼みます。

伊吹達は捜索を始めて、志摩が台車の痕に気付きました。

スタンガンを持った犯人はマネジャーを人気のないところに運びます。

志摩はマネジャーの靴を見つけて、伊吹にある場所に来るように伝えました。

犯人を見つけた伊吹は飛び蹴りをして、逮捕しようとします。

しかし、犯人は抵抗して伊吹と志摩は水溜りに落下してしまうのです。

陣馬は犯人の後ろから近付き、捕まえます。

生徒達は無事再会を果たしましたが、家庭裁判所に送られる事になりました。

ユーチューブに生徒達の情報が流れてしまい、桔梗は怒りをあらわにします。

第4機動捜査隊の任務は終わり、伊吹は志摩と陣馬から桔梗に息子がいる事を初めて聞きます。

1人の学生は行方不明になっていて、ある場所に会いに来ていました。

そこにある男性が現れて、味方だと言いつつドラッグを勧めてくるのです。

MIU404【第3話】を視聴した感想

実際に視聴した感想をまとめました。

今回はイタズラ通報の事件の犯人を確保しようとしますが、一筋縄では行きませんでした。

足に自信がある伊吹が犯人を捕まえるかと思いましたが、逃げられてしまいます。

野生児の伊吹が負けてしまうとは驚きました。

伊吹と志摩がバディを組んでパトロールに回る姿に安心感が出来たように感じます。

冷静な志摩だからこそ、野生児の伊吹の相方が務まるのでしょう。

厳しい言葉を浴びせたりする志摩ですが、徐々に伊吹の良さを理解しているようです。

犯人を逮捕するために必死な気持ちは、同じだと思います。

事件に関わった学生達を逮捕して事件が解決出来たように思えましたが、逃走した1人の学生はどうなったのか気になります。

次回はある事件が起きて1億円を所持した女性が逃走しますが、事件の真相はどうなっているのでしょうか。

伊吹と志摩は力を合わせて、再び事件を解決する事が出来るのか期待しています。

miu404を第1話~チェックするならParaviの2週間無料体験の利用がおすすめです。

まとめ

この記事では、MIU404【第3話】のネタバレや感想まとめ!を紹介しました。

第3話では

  • イタズラ通報の犯人は学生
  • 走りに自信がある伊吹が負ける
  • 第4機動捜査隊の絆が深まる
  • 志摩が伊吹の事を認めていた
  • 逃走した学生が行方不明になる

以上の事が判明しました。

イタズラ通報の事件が起きますが、犯人は学生達でした。事件は解決しましたが、1人の学生は逃走したままです。

今後、何か事件に出てくる可能性があるでしょう。

次回は1億円を持った女性が逃走しますが、一体何を隠しているのでしょうか。