面白いドラマ・映画

ハケンの品格2【第5話】のネタバレや感想まとめ!本社に復帰した東海林

日本テレビ系ドラマ「ハケンの品格」はお仕事ドラマです。

最強のハケン社員・大前春子が13年ぶりに戻ってきました。

新しい時代に日本人の仕事に対する働き方・考え方が大きく変化します。

「スーパーハケン」の大前春子が新たな時代で、どのような働き方をするのでしょうか。

前話では新社員の井手と大前が冷蔵倉庫に閉じ込められるアクシデントが発生しました。

ということで、この記事ではハケンの品格2【第5話】のネタバレや感想を紹介していきます。

ハケンの品格【第5話】のネタバレを紹介!

それでは、さっそく第5話のネタバレを紹介します。

本社に戻ってきた東海林

営業事業部の営業一課の課長として、本社に戻ってきた東海林武は「黒豆ビスコッティ」というお菓子を同僚達に配っていきます。

東海林の企画で「黒豆ビスコッティ」を会社で販売する事になりました。

里中達は美味しいと口にして、福岡亜紀や千葉小夏も喜びます。

そこに社長の宮部蓮三からテレビモニターで連絡が繋がり、東海林は期待されるのです。

ダイエット効果があり、データの裏付けがあると自信満々の東海林に大前春子のコメントが耳に入ります。

このお菓子が痩せると部内では、話題になっていました。

里中賢介は大前が美味しいと言っていた事を東海林に伝えます。

東海林は大前の態度にイライラして、派遣社員に彼女の不満を口にしました。

すると大前が現れて、東海林の事を批判して2人は独特なやり取りをします。

 

北海道の北乃菓子工房に東海林が連絡して、お菓子の評価を伝えます。

社長に商品を売ると伝えて、職場でも盛り上がるのです。

会社には「黒豆ビスコッティ」の問い合わせが多く、反響がありました。

すると東海林は会議室で雑誌の記者から取材を受けます。

記者から痩せる根拠を聞かれると、データを見せて欲しいと頼まれました。

雑誌で大々的に取り上げられると東海林が喜んでいると、「まずい」と大前が口にします。

東海林が大風呂敷広げ過ぎだと指摘すると、里中も本当に痩せるのか問いました。

アンケート・データを詳しく説明する東海林の頭の髪型を大前が指摘します。

予期せぬ記事に困惑する

仕事が終わり、東海林と里中と浅野務がお祝いで飲み始めます。

浅野は門限があると口にすると、話題は結婚の事になりました。

そこで東海林が名古屋にいた事に結婚していた事を明かします。

浅野は里中がなぜ結婚しないかと問い、忘れられない人がいるのでは問います。

すると浅野が先に帰って、東海林と里中は2人で飲み始めました。

話題は大前の話になって、名古屋にいた時の事を語ります。

突然、大前がカウンターから出てきて2人は驚くのです。

隠れていた大前は、1000ピースを完成させていたと口にしました。

 

ある日、会社では会議で「黒豆ビスコッティ」の事を話していると里中と浅野がある雑誌を持ってきました。

先日、取材をした記者が痩せる効果がないと批判している内容でした。

更にインターネットでも話題になっていて、宇野から心配されます。

東海林は旭川営業所に電話して、担当していた部下に問い合わせをしました。

すると会社を辞めており、連絡がつかないと聞かされます。

雑誌を見た里中は大前に声を掛けて、検査分析士の資格を持っている彼女に検査依頼をするのです。

検査が出て、大前はため息を吐き「データの改ざんがあった」と口にしました。

その頃、担当していた教授を尋ねていた東海林はデータを変えていた事を始めて知るのです。

井手が部署に戻り、皆にデータの改ざんがあった事を伝えました。

宮部に呼ばれた東海林は、成分表示に誤りがあった事を認めて、謝罪します。

謝罪会見を行うように指示を受けて、工場拡大の中止や東海林の出世も白紙になる事を伝えられました。

1人で落ち込んでいる東海林の前に里中と大前が現れて、今から出来る事をしようとアドバイスをします。

原稿は東海林が書く事を心配している里中の前で、大前がダジャレを口にします。

自分の名前をいじられた東海林は怒り出しますが、大前は定時で帰っていきました。

アンケート用紙の処分と復元

東海林はアンケートでもらったコメントを口にして、調査した人の意見を尊重すると決意しました。

部署ではアンケートの信憑性を疑い、宇野の指示で福岡と千葉がシュレッダーにかけていくのです。

里中はアンケート用紙がシュレッダーにかけられたことを知り、怒り出します。

定時で帰宅しようとする大前はロビーで2人組にかけられました。

1人は社長で潰れそうになると急いで北海道から駆けつけてきたのです。

大前は黒豆ビスコッティの事を褒めると、持っていたお菓子をプレゼントされます。

そこに東海林が現れて謝罪しますが、逆に心配されました。

部署に戻ると、宇野から謝罪会見の事を指示されます。

 

里中が1人でいると大前が帰ってきて、シュレッダーの中身を確認しました。

その後、ゴミ収集所にやってきてシュレッダーにかけたアンケートを探し始めます。

里中と大前はアンケートを見つけて、会議室に持ち帰りました。

そこに浅野も登場して、3人はアンケートの復元を始めるのです。

大前が指示で作業が開始して、細かく正確に分けていきます。

時間はあっという間に過ぎてしまい、朝になってしまいました。

東海林が早めに出社すると里中と大前がいる事に気付きます。

「ちゃんと謝りなさい」と大前が東海林に伝えると、断りました。

すると昔の話を始めて、社長賞を取られなかった理由を大前が明かすのです。

そして、「アンケートがある」と出してきて、東海林は驚きました。

ジグソーパズルが一番ハマっている趣味と言い、残業を認めません。

運命の謝罪会見

謝罪会見が始まって、テレビでも中継されていました。

記者から次々と質問を受けて、東海林以外が返答していきます。

東海林はアンケートを見つめながら、立ち上がって謝罪しました。

そして、痩せない事を明かして、データに嘘があると認めます。

データを鵜呑みにしたと責任は自分にあると口にすると、記者から再度批判を受けました。

すると「黒豆ビスコッティは、本物です」と商品の良さを必死で伝えます。

100人分のアンケートを出しますが、記者達は信用しません。

そこに大前が登場して、一枚の紙を渡しました。

モニターの方々とテレビ電話が繋がり、1人1人がコメントを述べていくのです。

正直なコメントが寄せられて、大前もお菓子の良さを口にしました。

 

なんとか記者会見が終わって、宇野が部署に戻ると「黒豆ビスコッティ」の問い合わせが殺到していました。

それはクレームではなく、注文殺到していたのです。

里中と浅野が大前に伝えると、彼女は眠そうな様子を見せました。

大前が残業した事に同僚達は驚き、東海林も感謝します。

すると、大前は立ち上がって東海林の顔を叩きました。

徹夜でいつもと様子が違う彼女の様子を見せるのでした。

東海林は宮部に謝罪に行くと、工場拡大の話を耳にします。

更に彼が本社に戻ってきた本当の役割を伝えられるのです。

ハケンの品格【第5話】を視聴した感想

実際に視聴した感想をまとめました。

13年ぶりに本社に戻ってきた東海林は、相変わらずのテンションで安心しました。

今回は北海道で見つけたお菓子を売り出すために意気込みますが、まさかデータに改ざんがあったとは驚きです。

また、大前が検査分析士の資格を持っていたので流石だと感じました。

東海林は謝罪会見をする事になりましたが、ダジャレが好きな彼の特徴を里中が察していましたね。

そこで、大前が東海林の名前をいじるとは笑ってしまいました。

大前と東海林の2人ならではのやり取りは見ていて、楽しさを感じます。

謝罪会見で記者に対して、東海林も自分らしさを出しますが批判を受けて追い詰められました。

あの場で自分の意見を述べた事は凄い事だと思います。

そして、ピンチになった状況で大前が現れて、大胆な方法を出すとは予想していませんでした。

結果的に東海林は責任を取る事は無くなって、良かったです。

ただ、最後に社長から言われていた彼が本社に呼ばれた理由とは何か気になります。

 

次回、会社にAIが導入される話を東海林は知る事になります。

自社の弁当を作る隅田フーズもコストカットされる事を里中に伝えると、予期せぬ抵抗を受けます。

一体、隅田フーズの運命はどうなっていくのか注目です。

まとめ

この記事では、ハケンの品格2【第5話】のネタバレや感想まとめ!を紹介しました。

第5話では

  • 本社に東海林が復帰
  • 東海林が企画したお菓子の販路拡大を狙う
  • 痩せる効果がなく、世間から批判を受ける
  • 謝罪会見で大逆転の展開を起こす
  • 宮部から東海林は本社に呼ばれた理由を聞く

以上の事が判明しました。

東海林は本社に戻ってきて、最初の企画で予期せぬ展開が待っていました。

大前のおかげでピンチをチャンスに変える事が出来て、良かったです。

次回はAIの導入で、様々な問題が起きそうです。

自社の弁当を作る隅田フーズも影響を受けそうですが、どうなるのか気になりますね。