面白いドラマ・映画

ハケンの品格【第1話】のネタバレや感想まとめ!帰ってきた最強のハケン!

日本テレビ系ドラマ「ハケンの品格」はお仕事ドラマです。

最強のハケン社員・大前春子が13年ぶりに戻ってきました。

新しい時代に日本人の仕事に対する働き方・考え方が大きく変化します。

「スーパーハケン」の大前春子が新たな時代で、どのような働き方をするのでしょうか。

ということで、この記事ではハケンの品格【第1話】のネタバレや感想を紹介していきます。

ハケンの品格【第1話】のネタバレを紹介!

それでは、さっそく第1話のネタバレを紹介します。

戻ってきたスーパーハケン

2020年に入り、以前の日本の雇用形態が崩壊して派遣人口が増えていました。

派遣社員の福岡亜紀(吉谷彩子)が両親と電話していると、派遣会社から連絡が入ります。

電話の相手はハケンライフ社員の近耕作(上地雄輔)で、3カ月の更新を伝えられました。

福岡は喜び、1人でお祝いをするのです。

ある日、ハケンライフでは千葉小夏(山本舞香)という女性が近と話をしていました。

株式会社S&Fを勧めていたが、彼女のリアクションは微妙です。

近は里中賢介(小泉孝太郎)から連絡を受けて、ある人物を呼ぶように頼まれました。

里中は浅野務(勝地涼)と昔を振り返り、大前春子(篠原涼子)の事を思い出すのです。

その頃、スペインにいた大前春子は踊っていて、お店で盛り上がっていました。

店主からプロポーズを受けますが、「行かなきゃ」と彼女はその場を去っていくのです。

日本に戻った彼女はある建物に入り、髪を切ります。

ある朝、福岡は3か月間、平和で過ごせるように祈りながら出勤します。

里中は浅野と上司の宇野一平(塚地武雅)と、会社の前で遭遇しました。

突然風が吹き、桜の花びらが舞うと大前が颯爽と現れたのです。

その後、宇野と里中は近と大前と面談をしました。

宇野は機嫌が悪く、説明を受けた条件に反発します。

すると大前は「私を雇って後悔させません」と高々に宣下したのです。

マイペースの大前

営業部に移動して、里中は千葉と大前を紹介しました。

大前はすでに仕事を始めていて、相変わらずの様子でした。

その頃、入社式が行われて社内に放送されていました。

大前はスキパキと仕事をして、他の社員達を圧倒します。

部長の宇野を中心に営業部では、タチアナ社の接待の計画を立てていました。

ロシア語が得意で大口の取引の実績がある大前に里中と浅野は助けを求めます。

昼食時間に入り、福岡と千葉がご飯を食べに行くとお店の中に大前がいました。

福岡が順番を待っていると同じ会社の男性社員の墨田(松尾諭)が声を掛けられて、お店の中に入ることになります。

墨田が福岡を食事に誘っていると大前が話を掛けて、ネクタイを掴んで外に連れ出すのです。

仕事に戻り、大前は里中から頼まれた仕事を素早く対応していきます。

相変わらずの大前の仕事ぶりに周囲は驚きを隠せません。

定時になって、さっさと帰宅する大前に福岡が声を掛けて昼間の出来事を感謝します。

しかし、福岡に厳しい言葉を投げ掛けて去っていくのです。

里中が帰ろうとすると本社に東海林武(大泉洋)が現れました。

東海林は新入社員の研修に来ていて、その後3人で食事に行きます。

会社の将来や新たな社長の宮部蓮三社長(伊東四朗)の話になります。

浅野が先に帰ってしまい、残った2人は話しながら帰っていました。

過去の大前へのプロポーズや名古屋の話で盛り上がります。

そこに大前が現れて、「とっくり」と東海林は驚きを隠せません。

東海林の言葉に耳を傾けない大前は、七輪を持ったままバスに乗り込んでいきます。

予期せぬ出来事

福岡は男性社員の墨田と食事に来ていました。

千葉が1人でお酒を飲んでいると、目の前に2人が現れます。

強引に誘ってきた墨田を彼女は断って去ってきました。

翌日、出社した大前が体操していて福岡は不安の表情で現れます。

福岡と千葉が会議室で資料を配っていると、昨夜の出来事を話します。

通り掛かった里中は心配して、大前に相談するのです。

そこに千葉が現れて説明しようとしますが、大前は話を聞きません。

千葉は近に電話して事情を伝えますが、対応してもらえずに苛立ちます。

怒りを抑えられない千葉は人事部にセクハラの件をメールで伝えました。

翌朝、出社した里中は福岡と千葉の件で、人事部に問い合わせをします。

電話が繋がらず、里中は宇野達と交渉に向かうのです。

研修所に来ていた福岡と千葉は、人事部の社員に呼ばれて中に入っていきます。

その頃、船の上で交渉していた宇野達は、最初から上手くいきません。

大前が通訳するが交渉相手の態度は厳しかったのです。

その時、里中に連絡が入り千葉から監禁されていると助けを求められました。

里中の前に大前が現れて、船を動かし始めます。

人事との面接で福岡はセクハラの真相を聞かれますが、信じてもらえません。

逆に責められる事になり、福岡は窮地に立ちます。

同席していた千葉がふと外を見ると水上バイクに乗って、大前と里中が保養所に向かっていました。

そして、2人は保養所に乗り込んでいきます。

大胆な行動を取る大前

大前は会議室に乗り込んでいきますが、鍵が開きません。

その頃、新入社員の研修を行っていた東海林はチェーンソウを持った大前が廊下を歩いていきます。

里中に「そこ、どいてください」と言い放ち会議室のドアをぶち破るのです。

中に入ると「業務連絡のためです」と大前は、千葉に電話の事を注意しました。

外で盗み聞きをしていて墨田を見つけて、寝込んでいたことが嘘だと分かります。

大前は立ち去る前にハケンの気持ちを訴えて去っていきました。

船に戻った大前は相手を説得して、七輪を持ち干物を焼き始めます。

干物を食べた相手は感動して、商談が前向きに進みました。

福岡・千葉は会議室で片付けをしながら、お互いの事情を語ります。

その場にいた大前はドアを直していました。

里中が現れて、上司に相談すると2人は感謝します。

その夜、里中と東海林が話していると保養所の話になりました。

目の前に大前が現れて近付き、2人は花見に誘うが断ります。

別の日、会社では就任する宮部社長に社員達が挨拶をしていました。

里中に話し掛けた宮部は大前が会社に必要ないと厳しい言葉を浴びせるのです。

ハケンの品格のオリジナルストーリーハケンの珍客はhuluで配信中。
今すぐハケンの珍客をhuluで視聴してみる

 

ハケンの品格【第1話】を視聴した感想

実際に視聴した感想をまとめました。

13年ぶりに大前春子が里中達の前に現れましたが、懐かしさを感じました。

前作と変わらない大前の様子を見ると、何か安心感があります。

里中や東海林とのやり取りを見ていると、13年前に戻ったかのようです。

彼女のマイペースな行動は、相変わらず凄いと思います。

新たな派遣社員と働く事になりましたが大前とタイプ違いため、これからどうなるのか心配になりました。

しかし、大前の大胆かつ勇気ある行動は彼女達に力を与えたみたいです。

大前は派遣社員の事をよく理解していて、彼女達の気持ちが分かるのでしょう。

今後、大前の刺激を受けて会社内の雰囲気は変わりそうで楽しみです。

また、新たなに就任する宮部社長は大前の存在を好んでいませんでした。

会社自体も業績が良くなく、先行きが不透明で心配です。

一体、どのような展開になっていくのか、不安と期待でいっぱいです。

今作でも、大前が周囲に刺激を与えてくれる事を楽しみにしています。

まとめ

この記事では、ハケンの品格【第1話】のネタバレや感想まとめ!を紹介しました。

第1話では

  • 大前春子の実力は健在
  • 会社での働き方に変化
  • 里中・東海林と大前のやり取りは相変わらず
  • 大前の行動力は凄まじい
  • 宮部社長は大前を敵視

以上の事が判明しました。

13年ぶり戻ってきた大前春子は、相変わらずの様子でしたね。

昔と働き方が変わってしまい、東海林も戸惑っているようです。

今回、見事に商談をまとめ、セクハラの問題を解決しました。

次回も彼女の活躍に注目しましょう!