日々の気になるニュース

皆既月食【2022年11月8日】を愛知県・名古屋で見る方角やピークの時間帯・観測スポット

2022年11月8日㈫の夜から日本各地で皆既月食が観測できます。

さらに今年は皆既月食と天王星食が同時に起こるという極めて珍しすぎるイベントのため楽しみにしている方もいるのではないでしょうか。

当日絶対見逃さないためにも愛知県ではどの方角で見れるのか食のピーク時間についてあらかじめ知っておくと安心ですよね。

そこで今回の記事では

  • 皆既月食【2022年11月8日】を愛知県・名古屋で見る方角
  • 皆既月食【2022年11月8日】愛知県・名古屋での食のピークの時間帯
  • 愛知県でおすすめの観測場所

などについて紹介します。

先にこの記事の結論をお伝えします↓

【2022年11月8日㈫】の皆既月食を愛知県・名古屋で観測できる方角や時間帯は

  • 方角は⇒「東~南東」
  • 部分食の始まり⇒「18時9分」
  • 皆既食の始まり⇒「19時16分 」
  • 食の最大ピーク⇒19時59分
  • 皆既月食の終わり⇒「20時42分」 
  • 天王星食が月に潜入するのは⇒「20時31分」
  • 天王星食が月から出現するのは⇒「21時20分」

愛知県で皆既月食2022を見るおすすめスポット

  • 茶臼山高原
  • 奥三河総合センター
  • 平和公園

絶対に見逃がしたくないという方はアラーム設定をおすすめします。

とこんな感じです。

気になる方は是非記事の続きも読んでいただけたら幸いです。

皆既月食と部分月食・天王星食の違いをチェック!

はじめに皆既月食・部分月食・天王星食の違いについてざっくり解説します。

皆既月食とは

月が地球の影に入り込み、通過している間に暗く見えたり欠けて見える現象のことを言います。

普段目にする月の欠けかたとは違って月食が欠けて暗くなった部分は地球の影にあたります。

影が丸いので本当に地球の形って丸いんだって改めて実感できますよね。

さらに全部隠れる皆既の時の月の色は赤黒く見えます。これは地球の大気の影響を受けているからだと言われています。

波長の短い青い光が散乱し波長の長い赤い光が残ります。

部分月食とは

月が地球の影に入り込み、通過している間に月の一部が暗く見えたり欠けて見える現象のことを言います。

天王星食とは

月食の最中に月が天王星を隠す「天王星食」という現象のことを指します。

通常、天王星の明るさは6等級(等級は数字が小さくなるにつれて明るく見えます。)で薄い青色をしているため天候の条件が整ったとしても肉眼で確認するのは難しいと言われています。

しかし今回は皆既月食と天王星食が同時に起こるため、月の暗さで比較的観測されやすいと言われているんです。

さらに驚いたのは、

この二つが同時に見られるのは1580年7月26日の土星食以来でなんと442年ぶりなんだとか。

前回は私たちが生まれる前に起こった現象ですから今回は極めて極めて珍しすぎて是非とも観測したいものですね。

次回はなんとっ!

2344年7月ともう地球も人類があるかわからないくらい先なんだとか( ゚Д゚)

観測の可能性を高めるためにも双眼鏡を準備しておくことをおすすめです。

皆既月食【2022年11月8日㈫】を愛知県・名古屋で見るピーク時間

さっそく愛知県で見るピーク時間帯について調べてみたところ、全国各地の皆既月食のピークは同時刻ということがわかりました。

国立天文台の情報から皆既月食を愛知県で見るピーク時間を下記に載せておきます。

部分食の始まり 18時9分頃
皆既食の開始 19時16分頃
食のピーク 19時59分頃
皆既食の終わり 20時42分頃
部分食の終わり 21時49分頃

さらに月食中に天王星食が起こる時間帯も気になったので調べてみたところ、見る地域によって異なることがわかりました。

愛知県では

  • 月に潜入するのは⇒20時31分
  • 月から出現するのは⇒21時20分

となっています。

現象はわかりにくかもしれませんが、11月8日の当日は「国立天文台」や「名古屋市科学館」では皆既月食の様子をライブ配信する予定です。

ライブ配信であれば肉眼で見えにくい天王星食を見れるかもしれません。

国立天文台は18:00~配信開始

名古屋市科学館は19:00~配信開始

じっくりと観測したい方は肉眼と同時にライブ配信で楽しむのもおすすめですね。

皆既月食【2022年11月8日㈫】を愛知県・名古屋で見る方角をチェック!

当日、愛知県で皆既月食が見える方角について紹介します。

調べてみたところ方角は

「東~南東」

の空で観測できます。

月が明るいのですぐに気づけそうですね(^^♪

なるべく周りに大きな建物がない場所で観測するのがおすすめです。

名古屋市科学館の情報によれば、今回の皆既食の赤い月の現象は約1時間26分も観測できるんだとか。

通常の月と同じく肉眼でも十分確認できますが、よりじっくり月を感じたい方は上でもお伝えしましたが双眼鏡を準備しておくといいでしょう。

愛知県で皆既月食2022を観測できるおすすめスポット

愛知県で皆既月食を見るためのおすすめなスポット3件を紹介します。

愛知県で皆既月食を見るおすすめスポット①:茶臼山高原

春の芝桜まつりや秋の紅葉スポット・冬場はスキーなど、年中賑わっていて全国的にも有名スポットになります。

とにかく星が綺麗に観測できると毎年多くの天文ファンが訪れる場所でもあります。

  • 住所:〒449-0405 愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平70-185
  • アクセス:名古屋から約2時間10分/豊橋から約2時間/中津川から約1時間40分/飯田から約1時間30分
  • 電話番号:0536-87-2345
  • 無料駐車場:あり
  • トイレ:あり

愛知県で皆既月食を見るおすすめスポット②:奥三河総合センター

低価格で宿泊できる奥三河総合センターは天体観測には絶景のスポット。

宿泊すると望遠鏡や双眼鏡まで貸し出してくれるという良心的な施設です。

イベント時期のデートスポットとしても人気の場所になります。

  • 住所:〒441-2301 愛知県北設楽郡設楽町田口宇向木屋2-10
  • アクセス:JR飯田線「本長篠駅」下車→バス「田口」下車→徒歩15分/豊川インターから70分
  • 電話番号:0536-62-0100
  • 無料駐車場:あり 
  • トイレ:有

愛知県で皆既月食を見るおすすめスポット③:平和公園

名古屋の中心部にあり墓地でもある平和公園はお花見の名所しても有名な場所です。

夜は公園の敷地内から空を見渡せば無数の星を見ることができる穴場と言われています。

皆既月食と星空を同時に楽しみたいという方には是非おすすめしたいスポットです。

  • 住所:〒464-0022 愛知県名古屋市千種区平和公園1-3
  • アクセス:地下鉄東山線・東山公園駅徒歩20分
  • 電話番号:052-782-2111
  • 無料駐車場:あり
  • トイレ:あり

他にも近隣の広大な公園や光が少なめの夜景スポット・海岸沿いもおすすめです(*‘∀‘)

2022年11月8日㈫当日の愛知県の天気予報

さっそく当日の愛知県の天候が気になったので調べてみました。

皆既月食の当日11月8日㈫の愛知県全域の週間天気の情報では(11月6日時点)

  • 愛知県全域で高気圧に覆われて晴れ
  • 降水確率20%

気温

最高20℃/最低9℃

このまま天気の予想が当たれば皆既月食の始まりから終わりまで肉眼で楽しめそうですね。

【皆既月食】や【部分月食】次回観測できるのはいつ?

今回の皆既月食を見逃がしてしまうと次回観測できるのはいつ頃なのか調べてみたところ

  • 次回の皆既月食→「2025年9月8日」
  • 次回の部分月食→「2023年10月29日」
  • 次回の皆既月食+スーパームーン「2033年10月8日」

と随分先になることがわかりました。

さらにアストロアーツの情報によると、次回の天王星食が月食中に見られるのは

  • 部分月食⇒「2106年」
  • 皆既月食⇒「2235年」

と言われています。

見逃さないためにも当日はアラームをセットして待機することを強くおすすめします。

皆既月食2022を愛知県・名古屋で見る方角や皆既食のピーク時間・おすすめ観測場所まとめ

今回は皆既月食【2022年11月8日】を愛知県・名古屋で見る方角やピークの時間帯は?おすすめ場所について紹介しました。

【2022年11月8日㈫】の皆既月食を愛知県・名古屋で観測できる方角や時間帯は

  • 方角は⇒「東~南東」
  • 部分食の始まり⇒「18時9分」
  • 皆既食の始まり⇒「19時16分 」
  • 食の最大ピーク⇒19時59分
  • 皆既月食の終わり⇒「20時42分」 
  • 天王星食が月に潜入するのは⇒20時31分」
  • 天王星食が月から出現するのは⇒21時20分」

愛知県で皆既月食2022を見るおすすめスポット

  • 茶臼山高原
  • 奥三河総合センター
  • 平和公園

皆既の時は空も暗くなるので天候が良ければ星も綺麗に観測できそうですね(*’▽’)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。