面白いドラマ・映画

私の家政夫ナギサさん【第3話】のネタバレや感想まとめ!仕事と家事の両立を目指す!?

TBSテレビ系ドラマ「私の家政夫ナギサさん」はラブコメディドラマです。

キャリアウーマンのメイ(多部未華子)は全力で仕事に取り組みますが、家事と恋が苦手です。

そんな時に家政夫のナギサ(大森南朋)を雇い、彼女の周囲で様々な事が巻き起こっています。

主人公のメイ・ナギサ・メイのライバルである田所(瀬戸康史)の3人が、どのような展開になっていくのか注目です。

前話では、ナギサの存在がメイの母親にバレてしまいました。

ということで、この記事では私の家政夫ナギサさん【第3話】のネタバレや感想を紹介していきます。

私の家政夫ナギサさん【第3話】のネタバレを紹介!

それでは、さっそく第3話のネタバレを紹介します。

母親にナギサの事がバレる

福田唯がエレベーターに乗ろうとすると、母親がいる事に気付き隠れます。

部屋の中では、相原メイと鴫野ナギサが一緒にいました。

転倒しそうなメイを支えていたナギサでしたが、そこに母親が現れます。

母親は「この人、誰?」と尋ねて、ナギサの事を聞きました。

すると、ナギサが家政夫だと明かします。

驚いた母親は荒れている部屋を目にして、驚きを隠せません。

ナギサは唯と同じ会社で働いている事を伝えます。

メイは母親を別の部屋に連れていき、片付けや料理など家事全般が出来ない事を明かしました。

ナギサの凄さを伝えるメイに母親は、「やれば出来るよ」と鼓舞します。

結婚してからも働いて欲しいと願っていた母親は、今から仕事と家事を両立して欲しいと望んでいました。

 

2人が部屋を出ると荒れていたリビングは片付き、母親は驚きを隠せません。

ナギサに近付いた母親は「うちの娘あまり甘やかさないで下さいね」と言って帰りました。

食事を2人分作っていたナギサにメイは、ご飯に誘います。

メイは母親の発言や以前の自らの言葉を謝罪しました。

更に今まで助けてくれた事を感謝して、家事を克服すると宣言するのです。

その言葉にナギサは1人で全部を抱える必要はないと心配して、睡眠や栄養バランスについて尋ねます。

メイは問題ないと伝えて、ナギサは帰っていきました。

家事に奮闘し始めるメイ

クローゼットの段ボールからエプロンを見つけたメイは、「私は今日から生まれ変わる」とナギサの名刺を引き出しに入れます。

仕事と家事と結婚の全てを手に入れるために、メイは頑張り始めたのです。

翌朝、いつもより早い4時30分にアラームが鳴って起きます。

睡眠不足の中で掃除と洗濯をしていきますが、間に時間が足りません。

一方、ナギサは職場で唯から先日の出来事を尋ねられます。

母親は、家政夫が必要ないと考えている事を伝えるのです。

唯はメイの事がとても心配になっていました。

仕事で残業をしていたメイは遅くに帰宅して、洗濯物を取り入れます。

疲れてソファに座って、残っている家事の事を考えます。

寝る時間がない事を察して、ドッと疲れが出てしまいました。

そして、ナギサがボタンを直した服を見て、「おじさん」と口にします。

 

翌日、睡眠不足のメイは同僚の陶山薫が話し掛けました。

陶山に仕事の事を尋ねるメイを家に誘います。

彼女の自宅を訪れるとおしゃれな部屋に驚き、結婚への本気度を感じるのです。

食事を取りながら、陶山はメイに田所優太の事を尋ねました。

更に田所の連絡先を聞かれますが、困惑しながらもごまかします。

話はマッチングアプリの事になって、相手を探していると部下の瀬川遥人を見つけました。

メイがじっくり見ようとすると、別の人の場面を押してしまいます。

その相手は肥後菊之助で、直後に連絡を受けるのです。

肥後の誘いに迷うメイ

メイが肥後の病院に行くと、講演会の講師の件の話になります。

彼からは「是非やらせて下さい」と前向きな返事を受けました。

喜んだメイは今後の段取りを伝えて、会社に戻ろうとします。

すると、肥後からマッチングアプリの画面を見せられて、メイは戸惑うのです。

肥後からは講演会が終わった後、懇親会と言って食事に誘ってきました。

駐車場でメイが落ち込んでいると田所が現れて、声を掛けてきます。

今度は田所からの食事に誘われて、うっかりと承諾してしまうのです。

行きつけの店に行き、食事を取る2人に店員はデートかと聞きます。

メイがデートを否定して、話題は肥後の講演会の事になりました。

田所に感謝しつつも、悔しい思いをメイは明かしました。

メイは肥後との出来事を直接伝えず、仕事上での恋愛について田所に聞きます。

立場とルールは気にせずに、内面的な部分で向き合うべきだと持論を口にしました。

悔しさがこみ上げてきたメイに対して、田所は向き合いたい人にはいつも真剣だと伝えます。

隣にいたメイは体調が良くなく、田所がそっとブランケットを掛けました。

 

ある日、帰宅したメイは母親と電話をしながら、料理を作っていました。

悪戦苦闘するメイはチキンライスに変更して、ようやく完成します。

見た目と味の量が微妙でしたが、食べながら勉強を進めていきます。

講演会でのアクシデント

唯の職場の前に来ていた母親は、彼女の様子を気にします。

後ろからナギサが現れて、声を掛けると場所を移動して母親はお土産を渡しました。

先日の事を謝罪して、自らも仕事一筋で結婚を気に専業主婦になった事を明かします。

苦手な事でも克服できると信じている母親にナギサが、出来ない事も見て欲しいとアドバイスをするのです。

その頃、講演会の準備が進めいたメイですが、瀬川から肥後が時間に間に合わないと伝えられます。

中止になりそうな状況で、メイは「諦めるのまだ早いから」と外に出ていきました。

陶山から会場の参加者に事情を説明すると、メイの車の中にいた肥後からテレビ電話を繋がります。

テレビ電話で講演会が始まり、会場の反応も良く順調に見えました。

しかし、画面が止まってしまい会場が騒ぎ始めます。

副支店長の松平慎也が謝罪をしようとすると、肥後が現れたのです。

そのまま、講演会が終了してメイ達は安堵しました。

倒れてしまったメイ

母親からストールを取りに行くと連絡を受けたメイが自宅に帰り、家事をしようとします。

しかし、突然倒れてしまい尋ねてきた母親がメイに駆け寄りました。

熱を出して倒れていたメイは起き上がれずに、母親は焦ってしまいます。

メイは「おじさん」と口にして、母親が急いで連絡するのです。

母親から連絡を受けたナギサは、急いでメイの元に向かいます。

病院に駆け付けたナギサは、メイが過労だと聞きました。

メイは意識を取り戻して、ナギサが「どんなに頑張っても元も子もありません」と言葉を

かけます。

 

自宅に戻り、ナギサが全て準備をして母親に託そうとしました。

母親はナギサに任して帰ろうとすると、本当に必要な母親だと伝えられるのです。

ナギサのアドバイスを受けて、母親が自らご飯を作り始めました。

寝ていたメイは、目が覚めて何か作っている事に気付きます。

そこに母親が雑炊を持って現れて、メイは食べ始めるのです。

この味が好きだと口にすると、2人は思い出を振り返りました。

すると母親はメイを抱き締めて、「大丈夫、どこにも行かないから」と口にします。

メイは落ち着き母親が帰ろうとすると、ナギサの事を褒めました。

ナギサの存在に安心を感じて、家事は落ち着いてからで良いと伝えてきたのです。

 

別の日、家事代行サービスの会社にメイは訪れて、唯の説明を受けます。

週3回で家事代行をナギサに頼む事になり、正式に契約をしました。

唯から呼び方について尋ねて、「ナギサさん」と呼びようにアドバイスを受けます。

抵抗があったメイでしたが、戸惑いながら呼ぶ事が出来ました。

仕事から帰宅したメイが部屋に入ると、ナギサがご飯を作っていたのです。

ご飯を食べるメイの姿をナギサは、じっと見ていました。

翌朝、起床したメイは清々しい表情を浮かべます。

気持ちを新たに出勤しようとすると、偶然田所と遭遇してしまいました。

私の家政夫ナギサさん【第3話】を視聴した感想

実際に視聴した感想をまとめました。

メイは母親に家事全般が苦手だと明かしましたが、頑張るように言われて辛かったはずです。

しかし、母親の期待に応えたい彼女が反発せずに仕事と家事を両立しようとするのは凄いです。

呪いのような言葉を言われて、落ち込んでもおかしくないです。

やはり、家事は上手くいかずに仕事の疲れも溜まってしまい心配になりました。

こんな時にナギサがいれば、グッと楽になるはずだと思いました。

講演会が終わって疲労もピークに達して倒れてしまいましたが、母親がメイの事をもっと早く理解して欲しかったです。

母親がメイやナギサの言葉にようやく察して、過度な期待をかけなくなって安心しました。

正式に家事代行をナギサに頼むようになったメイは、いつも通り元気を取り戻して良かったです。

 

元気になったメイですが、同じマンションに住んでいた田所とついに遭遇してしまいました。

同じマンションに住んでいる事が彼にバレしまい、新たな進展に期待が持てそうです。

ナギサも週3回、家事代行サービスでメイの家に来ることになりましたが、3人の関係はどうなっていくのでしょうか。

次回もメイを中心に起きる慌ただしい出来事が起きそうです。

まとめ

この記事では、私の家政夫ナギサさん【第3話】のネタバレや感想まとめ!を紹介しました。

第3話では

  • メイは母親に家事全般が苦手だと明かす
  • 母親は仕事と家事の両立を期待する
  • 医者の肥後からメイは、アプローチを受ける
  • メイが倒れてしまい、母親の心境にも変化が起きる
  • ナギサはメイの家事代行サービスを正式に受ける

以上の事が判明しました。

ついに、メイは家事全般が苦手な事を母親に明かします。

母親から仕事と家事の両立を期待されるメイでしたが、限界がピークに達して倒れてしました。

この一件から、ナギサと正式に家事代行サービスの契約を結び事になります。

平和な生活が戻ってきたと思っていた矢先、田所に自宅がバレしまうのです。

果たして、どのような展開が待ち受けているのでしょうか。