面白いドラマ・映画

MIU404【第1話】のネタバレや感想まとめ!第4機動捜査隊の発足!

TBSテレビ系ドラマ「MIU404」は刑事ドラマです。

本作は、初動捜査のプロ「機動捜査隊」を舞台に、タイリミットの24時間以内に事件を解決に導いていく1話完結型になっています。

伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)の異色のバディが事件を解決するために奮闘します。

ということで、この記事ではMIU404【第1話】のネタバレや感想を紹介していきます。

MIU404【第1話】のネタバレを紹介!

それでは、さっそく第1話のネタバレを紹介します。

第4機動捜査隊の発足

警視庁は働き方改革で現行の3つの機動捜査隊に加えて、新たな部隊を発足することになりました。

機動捜査隊は頭文字から「MIU」と言い、担当地域を24時間勤務するのです。

警視の桔梗ゆづる(麻生久美子)が会見を開き、我孫子豆時にも交渉して臨時部隊の承認を取りつけました。

桔梗と志摩一未(星野源)が合流して、第1機動捜査隊の陣馬耕平(橋本じゅん)に会いに行きます。

新たな部隊には、陣馬と新人の九重世人(岡田健史)がバディを組む事になりました。

志摩は自分のバディを尋ねると、伊吹藍(綾野剛)の事を聞きます。

伊吹の事が気になった志摩は情報収集を始めますが、全く良い情報がなりません。

そして、皆が口にするのは「足が速い」の一言でした。

 

志摩と九重と対面して、挨拶を済ませると陣馬がやってきて指示を出します。

地下の駐車場の車の前にいた伊吹の元に志摩は行き、挨拶をしました。

伊吹が運転をすることになり、ワクワクしながら巡回を始めます。

野生児・伊吹の問題行動

2人が巡回していると1台の車が背後から近づき、あおってきました。

先に行かすように志摩が伝えると伊吹は譲ろうとしません。

サイレンを鳴らして、赤い車を追っていくと交差点で歩行者の老婆が倒れてしまいます。

その様子を見た伊吹は怒り出して、追走車の前に大胆に停車しました。

志摩は歩行者に駆け寄って無事を確認します。

伊吹は運転者と揉めていて志摩が仲介に入りますが、収まりません。

通報を聞き陣馬達も集まって、伊吹と志摩は無事警察官だと認めてもらいます。

志摩は追走車のドライブレコーダーを見つけて、その場を収めました。

納得いかない伊吹に志摩は忠告をして、歩行者の荷物を届けるように指示します。

 

警察署に戻り、志摩は陣馬に愚痴をこぼします。

すると志摩の判断で伊吹が第4機動捜査隊に残るか決まる事を耳にしました。

陣馬は第4期捜査隊のメンバーにうどんを作っていると、事件の情報が入ってきます。

現場に着き、志摩は伊吹に勝手なことはしないように釘を刺しました。

先に着いていた九重から事情を聞いて状況を把握していきます。

初動捜査を行う第4機動捜査達

志摩や伊吹達は周辺から情報収集をして、メンバーで確認し合います。

被害者の状況を説明して、犯人は大柄でした。

事件の状況から志摩は推測して、犯人の向かった方向に行こうとします。

志摩と伊吹が近くのコインパーキングに駆け付けて看板が取られていました。

多くの車の中から探そうとすると、昼間のあおり運転をした車があったのです。

ドアが開いており、助手席には血痕があるのを確認します。

伊吹はドライブレコーダーがないことに気付き、犯人の行動を推測しました。

昼間のドライブレコーダーを見ていると、犯人の車も映っていたのです。

あおり運転をされた事が原因だと考えて、引継ぎを終えて2人の捜査は終了します。

2人は車に乗って、伊吹は捜査に納得がいない様子でした。

そこに無線が入り、昼間の老婆が家に帰れてないことを知るのです。

 

急いで志摩と伊吹は事情を聞きに行き、担当の警察官から経緯を知ります。

孫は保護されていて、心配していました。

伊吹と志摩は玩具屋に聞き込みに行くと、店主から地図を貰い別の玩具屋に向かいます。

すると2人の車の横を1台の車が通り、犯人の車ではないかと疑うのです。

犯人を捜す第4期捜査隊

桔梗は巡査部長の糸巻貫志から会見の反響とある動画サイトを見せました。

あるユーチューバーがあおり運転の件を動画で撮っていたのです。

桔梗は4人に見せて、警察の信頼を損ねないように釘を打ちます。

そして、犯人のナンバーが偽りだと知りました。

伊吹は考え込んで白い車が気になりました。

「なんとなく」と理由を志摩達に伝えますが、志摩は否定します。

すると志摩の手を握って、「エンジン音が同じだ」と納得しました。

志摩に苛立ちを爆発させますが、逆に伊吹はテンションが上がります。

第4機動捜査隊は独自で捜査を進める事になりました。

 

防犯カメラの映像を回収して、糸巻に頼んで巡回をし始めます。

犯人は見つからず、夜が明けてしまいました。

志摩と伊吹、九重と陣馬はそれぞれ該当する車を見つけて追走します。

ついに犯人を見つけて、志摩も追走して車を追いました。

信号の手前で歩行者の存在に気付き、志摩は犯人の車の前に出て体当たりするのです。

激突して車は横転してしまいますが、2人は無事でした。

伊吹は走って犯人を追っていき、ある倉庫に辿り着きます。

中に入って説得していきますが、犯人が抵抗して伊吹は頭に血が上ります。

後から駆け付けた伊吹が目にしたのは、犯人に銃を突きつける伊吹の姿でした。

「銃を下ろせ」と志摩は説得すると、伊吹が持っていたのは玩具だったのです。

志摩は伊吹を殴り、犯人を逮捕しました。

事件を解決した伊吹と志摩

行方不明だった老婆の無事を知り、伊吹と志摩は安心します。

桔梗からあおり運転の法律が変わる事を志摩達は聞きました。

車を廃車しないように忠告を受けた後、志摩は桔梗に呼び止められるのです。

伊吹の事を聞かれて、「野生のバカでした」と答えました。

適性がない場合は外すと質問を受けて、「ひとまず保留で」と返答します。

MIU404【第1話】を視聴した感想

実際に視聴した感想をまとめました。

警視庁が働き方改革で新たな部隊を発足する事になりましたが、集められたメンバーの個性がとても強かったです。

志摩・桔梗・陣馬は仕事をした事がある仲で、信頼関係が築かれているようでした。

新たな部隊で志摩と伊吹がバディを組む事になりましたが、デコボコ感が凄かったです。

全く違うタイプの2人が上手く行くのか、心配しかありませんでした。

一緒に捜査を進めていく中で噛み合わずに険悪な雰囲気にもありましたが、この2人は意外と合っているのかも思いました。

伊吹は過去に色々と問題を起こしているようで野性的な感で動く部分が、これからも志摩を振り回しそうです。

事件を捜査する中で、2人の息が合っていく様子を見ていると頼もしく感じました。

今後も伊吹の行動に志摩が振り回されるでしょうが、どうなっていくのか見物です。

志摩は過去に何があったのか、気になります。

初動捜査を専門に行う第4機動捜査隊の活躍が今後も楽しみです。次回の事件もどうやって解決していくのか、期待ですね。

ドラマの詳しい内容を知りたい方はパラビの2週間無料体験の利用がおすすめです。

まとめ

この記事では、MIU404【第1話】のネタバレや感想まとめ!を紹介しました。

第1話では

  • 初動捜査を専門に行う第4機動捜査隊が発足
  • 伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)のデコボココンビ
  • 桔梗(麻生久美子)・陣馬(橋本じゅん)・志摩(星野源)には信頼関係が築かれている
  • 元捜査一課の志摩は過去に何かあった
  • 志摩が伊吹に振り回さる展開が続きそう

以上の事が判明しました。

第4機動捜査隊に配属された伊吹と志摩は、今のところデコボココンビに思えますが、今後の2人の信頼関係は深まっていきそうな予感がします。

今後もダイナミックで予想の出来ない展開に期待しましょう。