面白いドラマ・映画

MIU404【第4話】のネタバレや感想まとめ!1億円を持った女性を追う

TBSテレビ系ドラマ「MIU404」は刑事ドラマです。

本作は、初動捜査のプロ「機動捜査隊」を舞台に、タイリミットの24時間以内に事件を解決に導いていく1話完結型になっています。

伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)の異色のバディが事件を解決するために奮闘します。

前回、イタズラ通報の犯人を捕まえる事が出来ました。

ということで、この記事ではMIU404【第4話】のネタバレや感想を紹介していきます。

MIU404【第4話】のネタバレを紹介!

それでは、さっそく第4話のネタバレを紹介します。

殺人未遂事件が発生

伊吹藍・志摩一未・陣馬耕平の3人は居酒屋で飲んでいました。

話題は桔梗ゆづるの旦那の事になります。

そこで桔梗の旦那がすでに亡くなっている事を伊吹が初めてします。

伊吹と志摩がパトロールしていると、過去にあったタイガーマスク現象と話になりました。

実は伊吹も同じような行動していましたが、テレビで送り先の人が不満を口にしている姿を見て落ち込むのです。

良い事をしてもこの世にお金がある限り事件が起きると志摩は口にします。

 

すると殺人未遂事件が起きたとの無線が入り、志摩と伊吹は被害者の女性が訪れた薬局に行きました。

女性は大金を持っていて、従業員の男性が傷口に応急処置をしていました。

店の防犯カメラを確認すると、女性が持っていたスーツケースに1億円が入っていたのです。

この事件はテレビでも話題になっていて、発砲現場に第4機動捜査隊も駆け付けました。

銃で撃たれた女性は青池透子という人物で、以前に摘発された事件で逮捕された1人だったのです。

桔梗から青池は被害者であり加害者だと志摩と伊吹は説明を受けます。

青池は裏カジノにハマってしまい、摘発を受けた店で働いていたのです。

説明を聞いていた伊吹は青池と話をしたいと防犯カメラを見て何か察します。

2年前の事件が関係している可能性が浮上

1億円を持った青池は必死で暴力団の2人から逃げます。

その頃、伊吹と志摩は法律事務所に行き、青池の事を聞きに行くのです。

その後、彼女が働いていた会社を訪ねて、従業員に話を聞きました。

今朝、2人組の男性が来て、彼女を探していた事を知ります。

青池は身を隠して、机の中のお金を持って去っていたのです。

警察署では2年前の裏カジノ事件に関係していると、桔梗と我孫子豆治が話し合います。

第4機動捜査隊の4人は食事を取りながら、2年前の事件を振り返るのです。

この事件には情報提供者がいて、羽野麦という女性でした。

しかし、事件は全て解決する事が出来ずに彼女は命を狙われるようになります。

桔梗は羽野の事を保護して、子供の世話をしてもらっていました。

事件の首謀者はエトウという人物でした。

 

桔梗に代わって、陣場が事件の聞き込みに行く事になります。

志摩は2年の前の事件と関係性は薄いと桔梗に進言しました。

桔梗は我孫子との会話を思い出して、青池が正しい道を外れた理由が知りたいと口にします。

追われていた青池はフラフラになりながらも、あるものが目に入るのです。

青池の目的

陣場と九重は聞き込みをして、桔梗に報告します。

桔梗の元に我孫子がやってきて、事件の詳細を話し合いました。

あるPC会社が暴力団と関係していて、青池が会社のお金を定期的に横領していたのです。

伊吹と志摩はPC会社の前で社長を見つけて、追跡を行います。

すると青池の居場所が分かり、警察と暴力団が動き出しました。

バスで移動する青池は表情が険しく、バスターミナルの防犯カメラに映っていたのです。

実は、青池を撃った男性も乗っていました。

我孫子は被害を最小限にするためにバスの中で解決するように指示をします。

そこに伊吹から連絡が入り、桔梗は暴力団員を逮捕するように指示が出しました。

バスは警察の指示で高速から一般道に降りて、エンジントラブルの理由である場所に移動します。

バスの中に伊吹が潜入して男性を確保しますが、仲間の男性が伊吹に発砲しました。

犯人を取り押さえた2人がバスから降りると、新たな仲間が志摩に銃を突き付けます。

志摩は男性を睨みつけて、威嚇するのです。

そして、「じゃあ、撃てよ」と言った隙に伊吹が逮捕しました。

そこに応援が駆け付けますが、伊吹は志摩の行動に怒り出します。

冷静な態度な志摩がバスに入ると、青池は脈がなく意識がありません。

志摩が彼女のスーツケースの中身を確認すると何も入っていなかったのです。

 

第4機動捜査は会議をして、陣場が青池の足取りを説明します。

彼女はタイ行きの飛行機に乗る予定で、4時間の間に1億円を隠していました。

すると、糸巻貴志から青池のスマホデータの解析内容が伝えられます。

ネットのつぶやきを確認すると、彼女の心境が語れていました。

PC会社の社長の指示で金が動いていて、警察に通報しても仕事の保障してくれないとつぶやいていました。

青池は自らの口座にお金を流して、机の引き出しに金を溜めていたのです

真っ当な生き方を臨んでいた彼女でしたが、バスの中で息を引き取りました。

彼女の辛さを第4機動捜査隊のメンバーは察します。

屋上にいた桔梗に志摩が近寄り、青池の話をしました。

最後のつぶやきを話していると桔梗は後悔の言葉を口にします。

そこに伊吹が現れて、1億円の隠し場所を3人は考えるのです。

1億円の隠し場所が判明

宝石店を訪れた伊吹と志摩は、青池が1億円の宝石を購入していた事を確認します。

彼女はぬいぐるみのウサギの目に宝石を隠していました。

ネットのつぶやきを見ていた志摩は「読む順番」と言って、反対から読んでいきます。

彼女はあるポスターが目に入り、配達業者に詳しい話を聞きに行きました。

従業員は青池の事を覚えていて、彼女はある団体に寄付をしていたのです。

バスにいた彼女は意識が薄れる中、配達業者の車が目に入りました。

そして、青池は息を引き取ります。

 

帰宅した桔梗は自宅で保護していた羽野に「必ずあなたを自由にする」と誓いました。

その頃、パトロールをしていた伊吹は志摩に「あんな真似、二度とすんじゃねえぞ」と昼間の出来事を注意します。

その言葉を聞いた志摩は「ガッテン承知のすけ」と返しました。

MIU404【第4話】を視聴した感想

実際に視聴した感想をまとめました。

銃で撃たれた女性が大金を持って逃げていましたが、相当必死で何を隠しているのか気になっていました。

彼女は真っ当な生き方をしたいと願っていたのだと知り、胸が苦しくなりました。

もう一度、人生をやり直したいと強く願っていた彼女の思いが叶わず、辛かったです。

今回、桔梗の子供を預かっていた羽野の存在が明らかになりましたが、2年前の事件の情報提供者とは驚きました。

そして、彼女の事を救いたいという桔梗の思いが強く伝わってきました。

 

伊吹と志摩のコンビは、毎回息の合った動きをしていると思います。

デコボコのコンビですが、お互いの事を信頼しているように感じました。

他人の事を信用していない志摩は、伊吹に対しては違うかもしれません。

2人の絆が強くなっていく姿を見ていると、嬉しくなります。

今後も2人の大胆な行動に期待しています。

まとめ

この記事では、MIU404【第4話】のネタバレや感想まとめ!を紹介しました。

第4話では

  • 第4機動捜査隊の結束が高まる
  • 羽野は過去の事件の情報提供者
  • 桔梗が羽野を保護している
  • 青池は真っ当な生き方を願っていた
  • 伊吹と志摩の絆が強まる

以上の事が判明しました。

1億円を持って逃げた青池でしたが、彼女は必死で正しい道に戻ろうとしていました。

彼女の願いは叶わず、息を引き取ってしまい残念でした。

次回はコンビニ強盗事件の犯人を追いますが、意外な真相が隠されているようです。