面白いドラマ・映画

MIU404【第2話】のネタバレや感想まとめ!志摩の過去が明らかに

TBSテレビ系ドラマ「MIU404」は刑事ドラマです。

本作は、初動捜査のプロ「機動捜査隊」を舞台に、タイリミットの24時間以内に事件を解決に導いていく1話完結型になっています。

伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)の異色のバディが事件を解決するために奮闘します。

前作では対照的な2人がバディを組んで、見事に事件を解決に導きました。

ということで、この記事ではMIU404【第2話】のネタバレや感想を紹介していきます。

MIU404【第2話】のネタバレを紹介!

それでは、さっそく第2話のネタバレを紹介します。

殺人事件が起こる

伊吹藍と志摩一未は、2人でパトロールをしていました。

パトロールから戻って車内で雑談していると伊吹は志摩に先日の出来事の謝罪を求めます。

しかし、志摩は謝罪することはありませんでした。

待機場所に戻った2人は、桔梗ゆづるにパトロールの使用車について不満を伝えます。

伊吹と志摩が使用する車はメロンパンを販売する車でした。

桔梗は先日の横転事故の事を出して、反論出来なかったのです。

そこに九重世人がやってきて、第4機動捜査隊の待機場所に不満を漏らします。

 

ある日、伊吹と志摩がパトロールしながら、メロンパンの話で盛り上がります。

すると伊吹が隣で並走する車の女性に話し掛けました。

じっくりとその車の様子を見ると、車内の雰囲気がおかしい事に気付くのです。

車線変更していると無線で殺人事件の容疑者が逃走している事が耳に入りました。

「前の車」と伊吹が呟き、犯人だと考えます。

一方、車内では犯人が凶器を持っていて、夫婦を脅していました。

志摩は悩みながら、無線で桔梗に連絡して追尾許可を貰います。

志摩の過去が明らかになる

その頃、現場には陣馬耕平と九重がやってきて確認していました。

会社の専務が殺されており、社員の加々美が疑われていたのです。

現場の血痕の付き方に陣馬が疑問に感じながら、車の持ち主の自宅に向かいます。

追尾する2人の前に検問する警察官の姿が目に入りました。

人質の田辺夫婦は警察に状況がバレないように説明をします。

後方にいた伊吹と志摩から検問をした警察官から事情を聞きました。

話が具体的で息子だと言われた事を知りますが、追尾を続けます。

車内では、田辺夫婦が息子の話と写真を見ていました。

 

田辺家に来ていた陣馬と九重は、近所の人から話を聞きます。

九重は志摩の話をし始めて、過去に「相棒を殺した」と耳にしていたのです。

追尾中の2人に陣馬から電話が入り、田辺の息子がすでに亡くなっている事を知りました。

実はこの日は息子の命日で、お墓参りに向かっていました。

夫婦は加々美に殺人を犯したのかを問い、彼が犯人ではないと信じると伝えます。

そこに志摩が車に近付き話し掛けて、バックドアが開けました。

車内を見ながら伊吹の待つ車に戻った志摩は服装を確認して、ボイスレコーダーを置いてきたのです。

車内の音声が入り、加々美の声が聞こえてきました。

上京してきた加々美は中学の同級生の岸と再会して、仕事を紹介してもらいます。

ようやく安定した生活が出来るようになったが、岸は先週に会社をクビになったのです。

加々美は自分の無実を証明するために逃げていると、伊吹が考えていました。

そして、追尾する2人は山梨に入り、目には富士山が入ります。

田辺夫婦の過去の出来事

陣馬と九重は花屋さんに行き、防犯カメラの記録を見せてもらいます。

伊吹は加々美の心境を察して、志摩に人を信頼するように忠告しました。

しかし、志摩は「俺達の仕事は疑う事だ」と言い張ります。

桔梗から連絡を受けて、防犯カメラに犯行現場が映っていました。

 

道の駅に到着した3人は、車から降ります。

田辺夫婦は加々美の事を信用して、最後まで付き合うつもりでした。

トイレで田辺と加々美が話をして、息子の過去の話をします。

学校で起きた事件で息子が犯人と疑われていました。

本当は無実だった事が分かりましたが、息子が自殺をしてしまったのです。

その事を田辺夫婦はずっと後悔していました。

加々美が手を動かそうとすると、様子を見ていた伊吹が声を掛けて近付きます。

取り押さえようとする伊吹と志摩を夫婦が防ぎ、加々美は走って逃げていきました。

衝撃な事実を知った加々美

志摩は連絡を受けて、同級生の岸が東京にいる事を知ります。

加々美の行動について夫婦に尋ねて、彼が自殺するかもしれないと志摩は心配しました。

「どこ行ったんですか」と伊吹と志摩は再度尋ねて、ある程度の場所まで把握します。

その頃、加々美はお店で包丁を盗んで、ある場所に向かいました。

再度、連絡を受けた志摩は現場に残された血痕が加々美と一致したのです。

実家に来ていた加々美は、家の中を探し回ります。

そこに岸から連絡を受けて、昔に父親から受けた出来事を口にしました。

加々美は、恨んでいる父親と専務が似ていたのです。

そして、父親を殺害しようとしていた加々美の前に伊吹が現れて、2年前に父親が亡くなった事を伝えます。

志摩も現れて、加々美は専務との出来事を話始めます。

専務を刺した後、加々美は血を止めようとしていたのです。

父親の写真を何度も包丁で刺しながら、復讐にならないと口にします。

志摩達は殺しては駄目だと言葉を掛けて、伊吹が「無実でいて欲しかったな」と残念そうに手錠を掛けました。

連行される加々美に田辺夫婦は謝罪と温かい言葉を掛けました。

その言葉に彼は深々と頭を下げるのです。

 

事件が終わり、伊吹と志摩は2人でご飯を食べに行きます。

すると「1つ言わしてもらう」と先日殴った事を謝罪しました。

志摩は時が戻らない事や人の命も帰らないと口にして、「お前は長生きしろよ」と志摩に言葉を掛けたのです。

MIU404【第2話】を視聴した感想

実際に視聴した感想をまとめました。

殺人事件の容疑者を追う事になった2人でしたが、相変わらずデコボコ感がありました。

意見が合わないようで、意外と合っている伊吹と志摩のコンビは絶妙なバディだと思います。

容疑者の加々美の人質になった夫婦は彼の事を信じますが、その思いが届かずに残念でした。

自らの子供に似ていると感じつつ、彼を守ろうした夫婦の優しさは凄いです。

伊吹も加々美の事を最後まで犯人で合って欲しくないと信じていましたが、その思いが届かずに悲しかったです。

優しい気持ちを持った人達の思いが届かないのは、辛く感じました。

九重は志摩の事を調べていたようですが、捜査一課の時に相棒を失ったようです。

正直驚きましたが、一体何があったのか気になります。

次回はイタズラ通報の件で、伊吹や志摩が犯人を捕まえようとします。

果たして、事件を解決する事は出来るのでしょうか。

miu404を第1話~チェックするならParaviの2週間無料体験の利用がおすすめです。

まとめ

この記事では、MIU404【第2話】のネタバレや感想まとめ!を紹介しました。

第2話では

  • 殺人事件の容疑者は、加々美だった
  • 志摩は過去に相棒を失っている
  • 逃亡中、夫婦と容疑者の間に絆が出来る
  • 伊吹は人を信じる優しい人物
  • 2人の信頼関係は強まる

以上の事が判明しました。

殺人事件の容疑者を追う事になりましたが、複雑な心境になる展開でした。

伊吹は、最後まで加々美が犯人ではないと信じていました。

伊吹の優しさと志摩の厳しさが、事件解決に導いてくれるはずです。

次回はイタズラ通報の犯人を捕まえようとしますが、予期せぬ展開に発展しそうですね。