日々の気になるニュース

東京アラート発動したら学校や仕事はどうなる?通知の受け取り方も調査!

東京都の新型コロナ新規感染者が6月2日に34人になったことから、「東京アラート」が発令されました。

ニュースを見て「東京アラートってなんぞや!?」と思っている人もいるのではないでしょうか?

さらに、この東京アラートが発令されることで、なにがどう変わるのか気になったので調べてみました。

この記事では

  • 東京アラートってなに?
  • 東京アラートの発動したら学校や仕事はどうなるの?
  • 通知の受け取り方はスマホやサイレンとかもある?

など気になる情報について紹介します。

★先にこの記事の結論をお伝えすると、

  • 「東京アラート」は、東京都が定めた警戒呼び掛け方法で緊急事態宣言の前段階
  • 「レインボーブリッジが23時~赤色に点灯」するだけ
  • 現時点でスマホやサイレンでの通知はなし
  • 学校は感染者が増加すれば今後「再休校」や「自宅待機」も考えられる
  • 会社はこれまで通り「テレワーク」、「自社出勤」を推進

このような感じです。

東京アラートってなに?

「東京アラート」とは、東京都が独自の基準で設けた緩和目安であり、東京都民に警戒を呼び掛けることです。


要は、緊急宣言の前段階ということです。

「東京アラート」は、都内の感染状況を都民の皆様に的確にお知らせし、警戒を呼び掛けるものです。

引用元:https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007942/1008167.html

発令基準は以下の通りです。

発令の基準には

  • 1.「1日あたりの新規感染者が20人未満」
  • 2.「新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%未満」
  • 3.「週単位の感染者増加比が1未満」の3つがある。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/42b6d6e921a94fe05b7eb8544fbda604d47152b0

東京都によれば、上の基準が1項目以上が基準を超えた場合に発令すると発表しています。

 2日時点で上記の新規感染者は16.3人、感染経路不明率は50.0%、増加比は2.15と2指標で基準を上回り、警戒が必要な状況になっていた。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1732de18b7827cb800e15c930f2403efdaa04ba9

東京アラートが発動したらどうなる?

東京アラートが発動したらいったいなにがどうなるのでしょうか?

東京アラートが発令されると、お台場の

「レインボーブリッジが23時~赤色に点灯」

します。

この点灯によって、都民は厳重に警戒を強めてこれまで以上に3密を避ける必要があります。

実際にお店が開いている状態ならあまり意味がないかもしれないと思うのは私だけでしょうか?

経済を回すためにも、このままステップ3に進むような予感がします。

東京アラートの通知の受け取り方はスマホやサイレン?

現時点では、スマホやサイレンなどの受け取り通知は行っていません。

上でも説明した通り、ニュースやツイッター、「レインボーブリッジのカラー」で判断するほかありません。

今後、東京アラートの新たな通知方法の情報が出た場合はこちらで追記していきます。

学校は再休校になるの?

今後の感染者の数によっては、第2波が来たとみなしステップ1.2を取っ払い、再び緊急事態宣言が発令される可能性はなくはないでしょう。

現時点でのニュースの報道では、ステップ2のまま変わらないとも言われていますが、今週末の結果がカギになり小池知事の発表に注目が集まります。

学校は、これ以上感染者が増えれば「家庭待機」や「再休校」になる可能性も十分にあるのではないでしょうか。

北九州では、学校を再開してまもなく感染が広まり、再開からたった4日で休校になってしまいましたね…。

仕事はどうなる?

3密を避ける為に、これまで通り「テレワーク」を推進するほか、どうしても出勤しなければならない場合でも、「時差出勤」をする方法になるほかは変わりはないと思われます。

飲食店などのお店については、感染者の人数がこれ以上増加傾向になれば、休業を再要請される可能性も出てくるのではないでしょうか。

まとめ

東京アラート発動したら学校や仕事はどうなる?通知の受け取り方も調査!でした。

  • 「東京アラート」は、東京都が定めた警戒呼び掛け方法で緊急事態宣言の前段階
  • 「レインボーブリッジが23時~赤色に点灯」するだけ
  • 現時点でスマホやサイレンでの通知はなし
  • 学校は感染者が増加すれば今後「再休校」や「自宅待機」も考えられる
  • 会社はこれまで通り「テレワーク」、「自社出勤」を推進

都内では、明日から映画館なども再開が予定されていますが、このままでは都民のみなさんの不安が募りそうですね。

自分の身は自分で守るしかありません。

長期戦になりそうなので、暫くは極力外出を控えて常に警戒心を持っていくことが大切ですね。